Skip to content

Cart

Your cart is empty

Article: 7/9新着商品のご案内

7/9新着商品のご案内

こんにちは。

ベルモントルの妹尾です。

本日は新着商品の入荷のご連絡になります。

全部マストタンクなのですが、SMからXLまでご紹介しておりますので男性も女性もイメージしやすいかと思います。

現代の時計ではなく、1976年から2005年までに作られていた時計なので、全体的に小ぶりに作られています。

そのため、男女問わず使いやすいと思われますね。

自宅でご覧になってる方は、是非ともテレビで一緒にご覧になって、話の話題にして頂けると幸いです。

それでは早速やって参りましょう。

 

 

まず1つ目なのですが、マストタンクSMサイズ飛びアラビアインデックスでございます。

こちらのお品は、マストタンクの中でも珍しいホワイトの文字盤です。

カルティエなのですが、意外にも黒と白の文字盤というのはデザインにはありません。

素敵なポイントは、文字盤の中央が段差になっております、そのくぼみの部分にダブルCの装飾が施されていることです。

現行ラインのカルティエでは、この装飾は使われなくなっているのでヴィンテージらしい素敵なデザインです。

SMサイズでケース径が20mmです。

基本的にはレディースに分類されますが、男性がつけても問題ありません。

弊社でもSMサイズを男性の方が購入されることは結構ありますからね。

キラキラのジュエリーのアクセサリーのようなものちょっとなぁ・・・・という気持ちを持った男性の方は一定数いると思います。

特に歳を重ねれば、そういったのも合わせるのが難しくなりますからね。

でもこの時計であれば、アクセを見せるというよりはどっちかというとベルトを見せて、ベルトの中に時計がありますよ。

みたいな見せ方が出来るので、何もつけないと手首が寂しいけどアクセに難しさを感じる方には最適なサイズだと思いますね。

ケースからほとんど幅が変わることなく、ベルトにつながるのでスマートですしね。

女性の方であれば、もうジャストサイズですね。

ケース径が20mmより小さいミニのラインもありますが、ミニのラインって結構な価格になるんですよね。

それよりは少しだけ大きいんですが、こういった感じのシンプルだけどカルティエを感じることが出来る文字盤の腕時計をつけていれば、毎日の仕事は2倍は捗るでしょうね。

人に見せるためでも良いですし、自分へのご褒美としてでもとても素敵な一本だと思われます。

 

では実際に私が着用してみますね。

私のスペックなのですが身長が168cmで手首周りは16.5cmの平均身長は少し下ですが、手首周りは平均的なスペックです。

必要ない情報ですが、一応、顔も多分平均か少し下くらいだと思いますね。

女性の方は、また後日マストタンクのサイズ感の動画を作りますので、そこでちゃんとしたモデルさんに着用してもらう予定なので、今回はなんとなくこんな感じなんだぁ、程度でお願いします。

 

では実際に着用してみましょう

 

今ですね、こちらSMサイズを着用しているところなんですけども、ご覧いただいている通り、男性がSMサイズを着用しても全く違和感はありませんよね。

時計自体が小さいので、スマートな印象を与えてくれますね。

そして男性視点の考えなんですけども、やっぱりちょっと文字盤がちっちゃいんで、時間を瞬時に判読するっていうのは難しいのかなといったところですね。

やっぱりアクセサリー重視かなといった感じです。


では、次のモデルに行きましょう

 

2つ目はマストタンクMMサイズ 2003年クリスマス限定モデルの石畳薄紫です。

ケース径は21.5mmであり、SMと比較すればまぁまぁ大きいですね。

この時に2色展開で発表されたのですが、あと1つにオレンジの石畳があります。

オレンジの方は、結構見かけるのですが薄紫はあんまりないので、美しい色合いだなぁと思って仕入れました。

やっぱり女性の方に着用して頂きたいですね。

めっちゃ可愛いですからね。

頑張って女性の方にも見られるような動画作ってるつもりなのですが、やはり男性が多いので男性の方、よろしければこの動画を彼女や奥さんと見てください。

文字盤は紫の主張が激しくありませんし、結構薄めの紫です。

石畳のデザインなので、感覚的に親近感が湧きますし、日本的な美しさも感じることが出来ますね。

奥さんや彼女にプレゼントすればきっと喜んでくれると思います。

そして、こちらですが私もかなり気に入っています。

実際に自分でも着用してみたのですが、この文字盤の色とゴールドのケースの相性が非常に良く凄くオシャレです。 

控え目な紫なので、いやらしさはありませんしよくよく見たら紫ってのが魅力のポイントだと思われます。

 

では実際に着用してみましょう。

 

今着用しているのがMMサイズなんですけども、やっぱりSMサイズよりかはちょっと大きいですね。

もうここからは、別に男性が付けても全く違和感はないと思います。

普通の時計としての存在感も十分にあります。

文字盤の見え方なんですけども、瞬時に把握するっていうのはちょっと難しいのかなと言った感じですね。

なので、これも男性視点ではどっちかと言うと、アクセサリー寄りになってくるかなと言ったところです。

では、次のモデルに行きましょう

 

3つ目がマストタンクLMサイズのオパランダイヤルの文字盤です。

ケース径は23mmでここから、当時言われていたメンズサイズになります。

マストタンクの中で、最も製造されたのがSMとLMサイズですがどちらのサイズも、その分たくさんの文字盤が作られました。

そして、オパランダイヤルはその中でも非常に人気があります。

単純に美しいから。

という理由なのですが、ご覧頂いてる通り音楽を奏そう・・・とか、ピアノ・・・みたいな雰囲気があります。

光沢のあるシルバーの文字盤の上から、ブラックのローマンインデックスがプリントされているのですが、そのスタイルもちょっと違うんですよね。

一般的なローマンインデックスはもっと小さいのですが、オパランダイヤルは中央から伸びるように大きくなっています。

このスタイルが独特で、おしゃれなんですよね。

文字盤のデザインは、マストタンクの中でもトップ3に入ってくる人気だと思われます。

LMサイズになってくると、まぁまぁ大きいのですがこれでも現代のサイズからすれば、小型に分類されますね。

ですので、男性はもちろんですが女性でもLMを着用される方は多くいらっしゃいます。

時計に厚さもありませんので、袖口に綺麗に収まってくれますしね。

 

では実際に着用してみましょう。

 

今着用しているのがLMサイズなんですけども、もう普通に時計としての存在感が発揮されています。

MMと比較すればやっぱり少し大きいので、もうここは男性のデザインという風に考えていいですよね。

ですが、さっきも言った通り、やっぱりこれはちょっと小ぶりなんですよね。

現代的に見れば。

なので、時計の存在感はありつつもスマートに見せたい、そういった時にはこのLMサイズが良いと思います。

手首に乗せた時に、手首が全部覆いかぶさらない、これがちょうど良いサイズなのかなという風に思います。

では、次のモデルに行ましょう

 

4つ目がマストタンクXLサイズのアイボリーダイヤルの文字盤です。

2000年代に入ってから製造されることになったXLサイズのマストタンクなのですが、この頃になるとでかい時計のブームが来ていたの、でカルティエもそれに沿って時計が巨大化してきた時期に入ります。

今回のXLサイズはケースサイズが25mmであり、さすがここまでくると小型とは言えませんが、特別に巨大ではありません。

現行ラインでは、タンクマストがありますがそれのLMサイズが25mmなので同じサイズなんですよね。

ですので、XLサイズと聞いたら巨大に感じますがLMサイズと同じなので、現代の普通のサイズと言えるでしょう。

カルティエの伝統的なアイボリーの文字盤なのですが、3時のところにデイトが入っていることと秒針が入っているのが、これまでのサイズとの大きな違いです。

MMサイズとXLサイズが2000年代に入ってから作られるようになったのですが、2005年にマストタンク自体が製造終了になるので、これら2つのサイズはSMとLMと比較したら少ないです。

特に今回のアイボリーなのですが、なぜかあんまり生産されなかったみたいで市場に出てくる数も少ないんですよね。

これだけのケースサイズがありますので、男性の方はバチっと決まりますね。

でかい時計が好きな方は、これだけのサイズ感があれば充分に満足して頂けると思います。

女性の方も、おしゃれで大きな時計を着用される方には、満足して頂けるサイズですね。

 

では実際に着用してみましょう。

 

今こちらに写ってるのがXLサイズのマストタンクなんですが、もう普通に大きい時計ですね。

現代でも使える普通のサイズ感になります。

これはこれで、やっぱりかっこいい、がっしりとしているというような印象を与えてくれるんですけども、やっぱりそこはカルティエなのでスマートに収まってくれます。

時計の存在感をしっかり出したい、時計の時間も瞬時に把握したい、そういった方はこのサイズが一番最適かなという風に思います。

 

といった感じで、新着商品をご紹介させて頂きましたが、女性の方は小さい時計を好まれる方が多いですが、川口春奈さんみたいにでかい時計を着用される方もいらっしゃいます。

男性が小さい時計をつけてもいいし、女性がでかい時計をつけてもいいし、みんなそれぞれに自分の好みがあって、時計を通して自分を表現することが出来ればそれで腕時計の役割は充分に果たしていると思いますね。

カルティエ社は、それを分かっているので同じモデルでも複数のサイズを展開してくれていますが、私自身も現代的な価値観にアップデートして、こういった考え方もあるんだよ。ってのを発信しないといけないと感じます。

映像が美しかったよ!妹尾さんのスペックが少し公開されてお店に行きたくなったよ!って方がいらっしゃいましたら、是非とも良いねとチャンネル登録と拡散をして頂けると嬉しく思います。

それではまた。

Other articles

【50代男性おすすめ】シンプルで美しい一生使える高級時計7選

こんにちは。 ベルモントルの妹尾です。 本日の動画では、【50代男性おすすめ】シンプルで美しい一生使える高級時計7選という内容でお話しして参ります。   50代になれば、人生の半分を生きてきた。ということになります。 これまでに、人から評価されてこなかった、たくさんの苦労があると思われますが、自分で自分を労って(ねぎらって)あげて良いちょうど良いタイミングだと言えるでしょう。   これからの...

Read more

初めておしゃれな中古腕時計を買いたい!世界3大時計ブランドおすすめモデル3選

初めておしゃれな中古腕時計を買いたい! 世界3大時計ブランド おすすめモデル3選   1つ目 パテックフィリップ Ref.3528/3  1970年代に作られた時計で、この頃はケースとベルトが一体型になったモデルが作られていました。 今回のもその1つであり、トノー型のケースからほとんど幅が変わることなく、ベルトに繋がっており、繋ぎ目がほとんど分からないために、洗練された印象を与えてくれます...

Read more